平成名刀会
最新入荷情報 現代刀一覧 格安刀剣一覧 古刀・新刀・新々刀一覧 ギャラリー 展示即売会情報 トップページ
ご挨拶 会社概要・所在地 販売方針 営業時間のご案内 刀剣購入の手続き お問い合わせ リンク

義村 純仁  (刀)
新作名刀展出品作

Posted 9月 17th, 2013 by admin

銘文 (表)義村純仁作(裏)平成二十五年春

刃長/二尺三寸六分  反り/六分九厘  刃文/湾れ乱れ

   高校卒業後まもなくして、真鍋純平氏の元に平成11年入門。真鍋刀匠の一番弟子として作刀技法を学び、18年に文化庁より作刀承認を受ける。翌19年に新作名刀展初出品し入選する。20年も新作名刀展入選、21年には、新作日本刀刀職技術展覧会に初出品し入選する。25年は新作名刀展に刀を出品し入選。本作品はその本年度出品作の刀です。刃文は浅い湾れ乱れ。刃中に沸がよくからみ、砂流・湯走などのはたらきが多く見られ、刃は明るく冴える。地鉄はよく詰んだ板目肌が全体的に柾がかる。切先延びごころの力強い姿は、南北朝期の太刀を磨り上げた刀姿を連想させます。中心(なかご)は丁寧に仕上げられ、堂々とした銘を切っています。出品作に相応しい意欲的な作品です。

 - 義村 純仁(よしむら すみひと)-

 本名/義村 真吾 昭和53年生 兵庫県三木市住

師/真鍋 純平

新作名刀展 入選多数

新作日本刀刀職技術展覧会 入選